雛祭り

user-pic
0
バレンタインデーが終わったら今度は雛祭りですね。
そろそろ、近所の梅の木にもお花が咲き始めて春を感じます。
雛祭りには、桃の花と菜の花で春らしく飾りたいものです。

女の子がいるご家庭では、お雛様を飾っているでしょう。
お雛様を出して、飾る時はどんなにモダンなお家に住んでいても
日本のよき伝統を感じることができるのではないでしょうか。

私の場合には、母がアンティークのお雛様が大好きなので
何対ものお雛様があります。

普段からガラス戸棚に入っていて見える状態になっていて、
それをお雛様の時だけ上に出してきて飾ります。
なんだか気持ちがきりっとして、女性であることを実感できます。
幾つになってもお雛様を飾って、雛祭りを祝いたいですね。

御祝いのお食事は我が家では、ちらしずしか手巻き寿司です。
それから、もちろんハマグリのお吸い物。
そして、ケーキか和菓子ですが、子どもはケーキのほうが好きですね。

雛祭りは、ピンクや若草色、黄色と春らしいカラーでいっぱいになるので
眼でも春を堪能できます。
春らしいイベントの雛祭り、待ち遠しいです。

女の子のイベントは華やかで賑やかで楽しいですね。
幾つになっても楽しめるといいなぁって思っています。
最近、ちょっと寝不足です。
その理由はもちろん冬期オリンピックを見ているから。

もともとフィギュアスケートが大好きな私は、
フィギュアスケートは、団体戦から見ています。
今回はロシアということで、時差が5時間ぐらいなんですよね。
だから、どうしても見たいと思っている競技をオンタイムで見るのは
深夜になってしまうんですよね。
それでもがんばって起きていました。

今回はフィギュアスケートは夜12時にスタートということだったので、
仕事から帰ってきて、夕飯やお風呂を済ませたら
子どもが寝る9時に一緒に寝てしまいました。
そして、12時に起きてみました。

今回の男子フィギュアスケートはかなりどきどきしましたね。
以前から羽生君を応援していたのですが、
今回がラストとなる高橋君にも頑張ってもらいたいと思っていました。

とくに涙を呑んで日本で応援しているだろう小塚君の分まで
皆に頑張ってほしいと思っていたので、
羽生君が金メダルをとった時には感動しました。

キラキラ輝いていましたね。
すてきな笑顔でしたね。
あんなふうに輝ける何かがあるのってうらやましいって思いました。

私自身はこれから先、輝ける何かがあるかわからないけれど、
子どもにはあんなふうにキラキラと輝ける瞬間を味わってもらいたいなって思いました。
すこし前までは一日中家にいて、外に一歩も出ないなんてことなかったけれど、
最近はとっても寒いこともあって、仕事が休みだとできるだけ
外出したくないなぁって思ってしまうこともあります。

平日に3日間仕事に出ていると、どうしても仕事が休みでも家庭の用事を
済まさないと行けないことも多くあります。

そんな時は面倒だなぁって思うこともありますが、
どうしても出かけないと行けないので仕方がありませんね。

それから、我が家は1週間分の食材のお買いものを纏めてしまうので
一日は休みの日にお買いものにいかないといけません。

といっても野菜はほとんど届けてもらっているので、
必要なのはフルーツやお肉、お魚といった感じです。
できるだけまとめて買うことで無駄な出費を無くすことができます。

そう、そんな風に1週間に1日程は何も予定が無いから出かけなくていい日が
あったりするけれど、一歩も外に出ないとなぜか罪悪感があります。
何もしないで過ごしていった気持ちになってしまいます。

だから、予定が無くても少しは運動した方がいいと思って
海の方に散歩に行くようすることもあります。
冬になると、歩く量も少なくなるようで、普段に増して体重が増えたりするので
ダイエットにも気をつけて、歩ける日は歩くようにしないといけませんね。

保温

user-pic
0
冬になるとものすごく肌が乾燥する私。
とくに30代半ば過ぎから、肌のトラブルも多くなってきました。
これは、もしかしたら、エイジング肌なのかもしれませんね。

エイジング肌の原因は殆どが乾燥からきていると聞きました。

年齢と共に保湿成分が少なくなったり、
自らが保水する力が弱くなっているので、
どんなに念入りにスキンケアしても潤いを保てなくなってしまうそう。

そんな中で、エイジング肌にあって保湿化粧品を使うことで
肌が自ら潤いを閉じ込める力を目覚めさせて、
しっとりと潤って元気な肌に導いていかなくてはいけないんですね。

そして、スキンケアだけではありませんね。

大切なのは毎日の生活にもあると思います。

例えば、体を作っていく食事は、
保湿効果のあるコラーゲンとかをできるだけ食材として取り入れるようにしたり、
シミ予防となるビタミンCを多く含む食材をたっぷり摂るなども大切です。

そして、生活習慣で言えば、寝不足は美容の大敵ですから、
できるだけ早寝早起きをして健康的な生活をすることが
お肌にとっても体にとっても一番良い方法なのかもしれませんよね。

食事と生活習慣とスキンケア、そして心もリラックスして過ごせる毎日が
美しい女性になる第一歩なのかもしれません。

娘の夢

user-pic
0
私が小さいころの夢はなんだったか、ほとんど覚えていません。
幼稚園や小学校の低学年のころには、きっと将来何になりたいって聞かれたら、
幼稚園の先生とかお花屋さんとかケーキ屋さんって言っていたんだと思います。
それからは、あまり将来のことを考えなくなりました。

中学生のある日、英語がペラペラになりたいと思って、
高校生から英会話に通い始めて、そして高校を卒業して外国語の専門学校で
英語とドイツ語を勉強しました。
英語はある程度は話せるようになったり、ドイツ語も資格をとることができました。

その後、英語を使う仕事をしていたわけではないけれど、
英語の勉強を始めたぐらいからニューヨークのある大学にいきたいという夢を持っていました。

けれども専門学校は親に学費を出してもらっていたので、
就職して自分でお金が貯まったら、ニューヨークの大学にいこうとおもっていたのですが、
いろいろな環境の変化によって、結局夢はかないませんでした。

そんな話を娘にしたある日から、娘もその学校に行きたいというようになりました。
別に私の為ではなくて、彼女も同じような将来の夢をもっているからです。
彼女の夢をかなえてあげるために、私は今からお金を貯めて、送り出してあげたいと思っています。

手帖

user-pic
0
毎年、年末になると新しい手帖を購入します。
そして、毎年今年の手帖はちょっとここが使いにくかったから来年はもっと使いやすいものに仕様とか、
いろいろと自分にとって使いやすい手帳がわかってくるので、こだわりも多くなってきます。

そして、もちろん予算もあるので、自分の予算にあっていて、そしてこだわりもちゃんと満たしてくれるものを
みつけるのって結構大変だったりします。

今年はとってもシンプルなものにしました。
はじめに一年分の小さなカレンダーがついていて、その後の見開きで1か月ごとのページがついているだけです。
手帖のほとんどがノートになっていて、どちらかというとノートの初めの方に
手帖機能を付けたと言ってもいいかもしれません。

私は、そんなにいろいろな予定を書くのは好きではないので、このシンプルな感じが使いやすいかなぁと
思っています。
そして、ノートになっている欄には自分で入出金を書けるようにしたり、
仕事のシフトを考えることができるようにしたりと工夫できるのも便利です。

娘の学校に行ったときには、メモすることもよくあるので、ノートがついていると本当に便利です。

そして、もう一つ気に入った点は、ファイルページがあること。
そこにお気に入りの写真やスケジュールを書くときにつかうシールを入れたりしておけるので、
今のところ使い勝手についてはかなり気に入っています。
最近、またダイエットを始めました。

でも、今までのように短期間で食事制限をするダイエットではなくて、
ゆっくりと時間をかけて、徐々に体重を落としていく方法に変えることにしました。

その方法はとっても簡単で、日々に食事は朝食と昼食を中心にして、夕食は軽めにする。
食事の時に食べるごはんは、玄米を中心にする。
良くかんで食べること。
そして、一番大切なのは食べる順番です。

まずは野菜から、タンパク質、炭水化物の順番に食べるようにします。
野菜と言っても細かく分かれています。
生野菜から食べて、発酵野菜、そして温野菜という順番になります。
たんぱく質も植物性から動物性に、炭水化物もイモ類などの野菜系からご飯にと
順番を守って食べることが大切です。

この食べ方をしていると、何よりもいつもの倍ぐらい時間がかかります。
だから、満腹感を感じる事ができるので痩せられるのかもしれませんね。

ダイエットのとっても大切なことは、バランスよく食べることと、
ゆっくり時間をかけて、素材を良くかんで食べる事なのでしょうね。
私の場合は、まだまだ始めたばかりなのですがいつもと同じ量食べているのに
すこしずつ体重が減ってきているので、これは自分にあっているダイエット方法なのかもしれません。

これから、しばらく続けてみたいと思っています。

福袋

user-pic
0
御正月の初売りと言えば、福袋ですよね。

私も子供のころは、頂いたお年玉で福袋を買うのが楽しみでした。
小学生ごろの話ですから、1000円とか500円とかの文具の福袋だったり、
雑貨の福袋だったりしましたが、何が入っているのかわからないものを家で
ワクワクドキドキしながら開けるのが何とも楽しかったのを今でも覚えています。

その後はほとんど福袋を買っていませんでしたが、子どもが出来て、まだ子供が小さかった頃は、
お気に入りのキッズウェアブランドの福袋を買っていました。

子供服なら多少自分の趣味とは違っても、部屋着にしたり、公園で遊ぶときの服にしたりと
使い道はあるからよかったのです。

でも、ある程度成長してきた今は、本人の好みもあるし、私も子供に着てもらいたいもの、
着てもらいたくないものがあるので、買わなくなりました。

いまでは、懐かしい気分で福袋をたくさん持って帰ってくる人を見ています。

最近は、中身がわかる福袋なんて言うのも多いですよね。
もちろん、中身がわかればある程度、納得のうえで購入することができるけれど、
あの独特の楽しみは無くなってしまうのは残念ですね。

福袋の楽しみをあのドキドキ感に求めるか、ただただお安く購入することができるかによっても
意見は分かれそうなところですね。
大みそかと言えば年越しそばですが、皆さんは何時頃に年越しそばを食べているのだろうと
単純に疑問に思ったことがあります。

友人は、いつもお昼にお気に入りのお蕎麦屋さんに家族で出かけて年越しそばを食べると話していました。

実際にお蕎麦屋さんで働いている知人の話では31日のお昼は一番忙しいと話していました。

我が家では、31日の夕食に年越しそばを食べます。

もちろんそれだけが夕食というワケではありません。

おせち料理をちょこちょことお皿に出して、つまみになるものもいろいろ用意して、
そして温かい御蕎麦をいただきます。

我が家の年越しそばの定番は、鶏南蛮です。

鴨はちょっと苦手なので、鶏で作るのですが、毎年作っているので年々美味しくなっている様な気がします。

昨年末も美味しい年越しそばができました。

我が家では父が夕食に年越しそばを食べることにいつも文句をいっています。
そして、自分だけ深夜に寝る前にたべるというのですが、
お酒を飲んでいるので結局は眠くなってしまって年越しそばを食べずに寝ることが多くて、
最近ではみんなと同じに夕飯に年越しそばを食べることにしたみたいです。

それぞれに家庭の食べ方があるのだと思いますが、それもまた興味深いものです。

昆布茶

user-pic
0
最近、おきにいりでよく飲んでいるのは昆布茶です。

昆布茶と言えば、小さいころ父方の祖母の家に遊びに行ったときに
よくおやつに出してくれていました。

昆布茶に自家製の梅干しをお茶うけに出されていたので、
私はその梅干しを昆布茶に入れて、ちょっと溶かして塩味と酸味がすこしプラスされた感じを
飲むのが好きでした。

お茶というよりは、スープを飲んでいるみたいでお腹が空いている時にとっても良いですよね。

そして、子供のころはあまり考えていなかったけれど、昆布茶はノンカフェインだから
子どもが飲んでも安心なんですよね。
そんなわけだから、きっと祖母はいつもおやつに出してくれていたのだと思います。

大人になってからは、あまり飲む機会はなかったけれど、
久しぶりにスーパーで見つけたので、買ってみたんです。
今回は、梅が最初から入っている梅こぶ茶にしてみました。

お湯で溶かすだけで、懐かしい梅こぶ茶になるのでほっと一息つきたいときに良いですよね。
あまい和菓子などを食べるときに、いっしょに飲むとすっきりできる気がします。
仕事にもっていく水筒にも梅こぶ茶を淹れて持っていく時もあります。

なんだか疲れた体にすっと馴染む感じがいいですよね。
昆布茶やほうじ茶など、その日の気分でいろいろ水筒に入れて持っていくのがいいですね。